THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yさん:「俺の誕生日、あのキムタクと同じなんだよ。スゴくねぇ?」

proudjapanese:「あ、そうなんや。」

Yさん:「しかも、倖田來未も同じ日なのよ。スゴくねぇ?」

proudjapanese:「ふーん、で?」

Yさん:「更に、世界的に有名なジェラード・バトラーとも・・・(延々)。」

proudjapanese:「・・・で?いつなん?(って言うか、ジェラード・バトラーって誰やねん?!)」

Yさん:「11月13日!!

同じ職場で働く元・ラーメン屋の店長Yさんは、本日を以ってめでたく(?)三十路を迎えた。寂しがり屋なのか何なのか、彼は人生の節目であるその記念日を我々に祝ってほしかったらしく、数週間も前から上記にあるような会話を延々と持ちかけてきた。だから、祝ってやった。ただ、それだけの事だ。

bd

↑色気もクソもないバースデーパーティー・・・。

仕事を終えた僕達は、日本を代表する永遠のアイドル「木村拓哉」とは程遠い、ニヤけた「おっさんマネージャー」の誕生日を、これまた「倖田來未」のエロ可愛いさとはかけ離れたむさ苦しい野郎共だけで祝った。バースデーボーイが管理を担当するビッググリーンという名のゲストハウス、その小汚い木造建築の一室で、僕達は飲んで食って騒いだ。傍から見れば地獄絵そのものだったと思う。しかし・・・。

bd1

↑年に一度の甘い味!!

バカ集団に囲まれながらも、東小金井駅近辺にて取引された安物のバースデーケーキは、最後までその輝きを失わなかった。甘党の僕だけでなく、大酒飲みの若造達をも唸らせる濃厚な味わい・・・。深夜まで続いた他愛のない会話・・・。薄れる事のなかったオッサンの笑顔(ニヤケ面)・・・。悪くなかった。

僕も間もなく27になる。年老いていく自分自身に焦りを感じ、刻一刻と進んで行く時計の針を逆方向に回したくなる今日この頃だったが、少し考えが変わった。年を重ねる事は恥じる事ではない。要は、どう年を取って行くか、だ。やるべき事はまだまだ沢山あるが、とりあえずは人から祝ってもらえる存在でありたい。オッサンの笑顔(ニヤケ面)が、僕にそう感じさせた。今日は、実に楽しい一日だった。

都内生活285日目、現在の体調が明日の仕事にどのような影響を及ぼすのかを微妙に案じながら終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

北川悠仁さん、僕は不満です!!怒っています!!本当に怒っていますよ!!アナタのデビュー10周年記念ベストアルバム「ゆずのね 1997-2007」、買いました。ええ、買いましたよ、もちろん初回限定版を!!仕事後の疲れた体にムチ打って、(東小金井じゃ売ってないから)ワザワザ吉祥寺まで足を運んで、ちゃんとレジに並んで、安月給の中から3500円を支払って・・・。楽しみにしてたのに・・・。心底楽しみにしてたのに・・・。

YUZUNONE

↑「ゆずのね 1997-2007」&「ゆずのえ?~ぼくらの10年観

なんなんですか?!あの(初回限定版特典)付録DVD「ゆずのえ?~ぼくらの10年観~」は!!僕が全然映ってなーーーい!!!!!大体、あんなに長時間撮影したのに、なんでMuでのシーンがあんなちょっとなんすか?!アンナもロジータもメリッサもホンザも一杯映ってたのに・・・。ドミニクもソンちゃんも結構登場してたのに・・・。この僕が、まさかハットリよりも映ってないなんて・・・。ぼ、僕は、「Big Apple Mu の担当マネージャー」だぞ~~~!!!!!

・・・でも、やっぱり「ゆず」は最高です!!!!!

都内生活244日目、目立ちたがり屋ゆえの悔しさと屈辱の想いを、「ゆず」の清々しい美声を耳にする事で落ち着かせながら終了。
proudjapanese

あ、あの~、今年のペナントレース、優勝した球団って・・・、どこですか??

都内生活243日目、八ヶ月ぶりの帰郷を果たしルンルン気分で再上京してきた僕のハートを一瞬にしてズタズタに引き裂いた魔の速報と共に終了。
proudjapanese

あ、あの~、阪神タイガースって、今、何位ですか??

都内生活219日目、最高に幸せな気分を保ちつつ終了。
proudjapanese

本来、人間とは学習能力が備わった動物である。幾度となく似通った経験を積み重ねる事で、再度訪れる同じ様な状況に対する傾向と対策を自ずと身に着けるものなのだ。しかし・・・。

今日、彼等(彼女等)は皆それぞれの土地へと旅立って行った。日本での研修を終え母国へ・・・。東京での仕事を終え地方へ・・・。新たな夢を掴むべく東小金井を後にする人もいた・・・。外国人ゲストハウスと呼ばれる短期滞在型の宿泊施設でマネージャーとして働く以上、僕はそんな彼等(彼女等)の背中を笑顔で見送らなくてはならない。例えどんな個人的感情が込み上げてきたとしても、それを全面に出す事は許されないのだ。出居者の立会いチェックアウト(見送り)とは、実に残酷な仕事である・・・。

1

↑広島に行っても元気でね。

2

↑日韓裸付き合いは最高でした!

3

↑ウクライナに帰っても僕の事忘れたらアカンよ。

4

↑インタースペインの皆さん、愛しています!

5

↑Sさん、Nさん、夢を掴んでください。

本来、人間とは学習能力が備わった動物である。幾度となく似通った経験を積み重ねる事で、再度訪れる同じ様な状況に対する傾向と対策を自ずと身に着けるものなのだ。しかし、ここ数ヶ月間何度も経験してきた業務ではあるが、出居者の立会いチェックアウト(見送り)だけは未だに学習する事ができない。人との別れは辛いものだ。その人との関係が密接であればあるほど・・・。とても慣れる事なんてできない。

都内生活212日目、写真の下に記した彼等(彼女等)への想いを面と向かって口に出せなかった己の未熟さを悔いながら終了。
proudjapanese

本日は8月15日、「終戦の日」だった。自分自身の未熟さ故に、全く自らの意見をブログに載せられなかった去年の僕・・・。あれから早くも丸一年が経過し、戦後の世に生を受けた一人の日本男児として、自分がどれほど成長したのかは分からないが、少なからず愛する我が母国の歴史について、自分なりの意見をまとめる事くらいは出来た。今日は、それを書き記したい。

と思っていたのだが、・・・ヤメた。誰もが知っている戦争の残忍さを今更語る必要なんてないし、やはり僕のような青二才が偉そうに世界平和などと訴える事自体おこがましい。そして何より、今日という日(終戦の日)に考えねばならないであろう「平和への想い」は、今から数時間前、あるアーティストの優しくも力強い歌声によって、既に僕達の心に浸透している。彼のおかげで、僕達は今日、一つの確かな輪を築く事に成功した。

ゆず」の「北川悠仁」、彼は僕達の輪の中心にいた。僕が働く外国人ゲストハウス「Big Apple Mu」のラウンジで、彼はギターを抱えて熱唱した。国籍、文化、宗教も違う外国人の住人達が、手拍子をしながら自然と周りを取り囲んで行く。「シュビドゥバー」を歌いながら完成したその人間の輪は、確かにデコボコで協調性のないチッポケな輪だったのかもしれない。しかし、その輪は笑顔で造られていた。そう、僕達の笑顔で、だ。人と人とは必ず分かり合える。本当に楽しい一時を過ごせた。北川悠仁さんやスタッフの皆さん、我らが社長にチーフ、そして何よりも多国籍の友人達に感謝したい。本当にありがとう!!

「ゆず」のデビュー10周年を記念して制作されるベストアルバム、10月頭に発売を予定しているそのCDには、本日ウチのゲストハウスで撮影した特典映像が付録DVDとして付くらしい。はしゃぎ過ぎた僕の姿がどれほどカットされているのかは不明だが、是非みなさんご購入をお願いいたします。

yuzu

↑人類、皆、ブラザー!!

都内生活196日目(第二次禁煙生活18日目)、世界平和とは意外にも身近に転がっているものだという事を感じながら終了。
proudjapanese

20070803020049

↑ゲキレンジャー(レッド)の雄姿!!

納涼踊りの休憩時間、チビッコ達の黄色い歓声に包まれながら、そのヒーローは颯爽と姿を現した。一瞬にして悪者を倒す圧倒的な強さ!如何なるピンチをも打開出来る精神力!!そして、正義を愛する清き心!!!ふと気が付けば、僕は無数の後頭部の隙間から、ただひたすらその正義の味方を目で追っていた。夢中になってレッドを応援している内に、僕はすっかり少年の心を取り戻したかに思えたが、冷静になって周りを良く見渡す事で、やはり自分が年老いたオッサンであると思い知らされた。ゲキレンジャーを見つめるチビッコ達の瞳からは、僕が15年以上も昔に忘れたであろう純粋無垢な輝きが放たれていたのだ。残念だが今の僕には、彼等ほどのピュアな気持ちも、若さゆえのパワーも備わっていない。自分なりに必死で叫んだ「ゲキレンジャ~!!頑張れ~!!」の掛け声も、周りのチビッコ達の強烈な叫び声に掻き消されてしまった・・・。

不安定な経済に、憤りを感じさせる数々の事件・・・。ハッキリしない政治に、ピリッとしない総理・・・。暗い話題ばかりが先行する現在の日本社会だが、きっと何の心配もいらない!!ゲキレンジャー・ショーの後に再開された納涼踊り、輪になって元気に踊る子供達の姿は、僕に我が国の明るい未来を予想させた。東小金井には、まだまだ多くのゲキレンジャー予備軍が住んでいるようだ。

都内生活183日目(第二次禁煙生活5日目)、今週末に開催される「ヒガコサマーフェスティバル」に早くも心を踊らせながら終了。
proudjapanese

都内で二番目に大きな公園「小金井公園」。週末になると大勢の家族連れで賑わうその敷地内では、昼夜を問わず花火で遊ぶ行為は禁止されている。しかし僕は、敢えてその禁断の遊びに手を染めた。結果、パトロールのオジサマ方にはしっかりと絞られたが、東京に来てから知り合った仲間達との絆は確実に深まったと思う。彼等(彼女等)と共に打ち上げ、一緒に見上げた安物の花火・・・。僕の目には、かの有名な隅田川の大物よりも色鮮やかに、そして美しく映った。

今夜は、実に楽しい夏の夜を体感できた。小金井公園に乗り込む前、僕は仲間達と街に繰り出し、本来徳島に伝わる伝統舞踊「阿波踊り」を、なぜか武蔵小金井で踊り狂った。充満する熱気、心地好い夏祭りのノリは、結構続いていた僕の禁煙生活を一時中断させたが、「踊る阿呆に見る阿呆」と言う事で、どうかお許し頂きたい。まぁ、「同じ阿呆なら踊らにゃ損々!!」

matsuri
↑これぞ日本の夏祭り!!

あっ、ヤバイ!!既に四時半・・・。27時間テレビ(フジテレビ)の深夜枠、さんまと中居のトークにハマってしまった。実はココリコミラクルも最後まで見たいんやけど、まぁ夜更かしはこのへんにしとかな、明日怒られるし・・・。

都内生活178日目、「また明日から禁煙生活を再開しよう!!」と心に決めつつ終了。
proudjapanese

20070708020056

↑今年の僕の短冊!!

今夜、僕が暮らす東小金井の上空には、数億の星から成る美しき天の川は浮かばなかった。年に一度の性交遊を楽しみにしていた織姫と彦星も、さぞかしガッカリした事だろう。でもまぁ、一応「星に願いを・・・」と言う訳で、とりあえず自己流の短冊を作って飾ってみた。そう、万札に想いを込めて・・・。

さて、神頼み的な行動はこのへんにしておいて、さっさと眠りに就こう。結局、スペインへと続く僕だけのミルキーウェイは、自らの力で作り出すしかない。その為に僕は、また明日からマネージャー業に勤しむ訳だ。夜更かしは三文の損!!って事で、おやすみなさい!!

都内生活157日目(禁煙生活37日目)、先週タイ経由でカンボジアへ旅立った友人Mさんと、今日突然行方を暗ませた後輩K君の身を案じながら終了。
proudjapanese

今日から丁度一年前、僕は日本に帰ってきた。帰国後、故郷の大阪から、岐阜の山奥を経て、東京都内へと自らの棲息地を移した僕だが、未だ人様に誇れるような事は出来ていない。偉大なる蒼き惑星が太陽を一周している間、僕は一体何をしていたのだろう?今日の仕事中、僕は運転をしながら、ただ一人そんな事を考えていた。導き出されない答えと、遣る瀬ない気持ちを振り切るため、僕はアクセルを踏む右足に力を入れた。「男の真ん中でいたいじゃないか!!」

都内生活138日目、禁煙宣言に続き脱甘味宣言を宣誓し終了。
proudjapanese

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。