THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070226021224

↑僕は、もう二度とこの寺に近寄らない・・・。

子供(小学生)の頃、よく親に教えられたものだ。「外が暗くなるまでには帰って来なさいね!」と。だが僕は、この教えを守った事がない。むしろ今では、暗くなってから外に遊びに行く事の方が多い。つまり僕は、かつて両親から授かった第一の教えに背を向けて生きている訳だ・・・。

子供(小学生)の頃、よく親に教えられたものだ。「知らない人に着いて行ってはいけませんよ!」と。しかしやはり、僕はこの教えにも従わないまま成長してしまった。海外旅行中、胡散臭いアラブ人にもヒョイヒョイ着いて行ったし、魅惑のラテン美女にも(前方の)尻尾を振って(勃てて)ホイホイ着いて行った。まぁ、そもそも今となっては、この第二の教えは何の意味も持たないだろう。なぜなら、平成と呼ばれる現在の日本社会が、知っている人にも着いて行ってはいけない時代になってしまっているからだ・・・。

子供(小学生)の頃、よく親に教えられたものだ。「嘘をついたらエンマ様に舌を切られますよ!」と。僕は自他共に認める大嘘つきだ。この二十数年間、他人は勿論、自分自身をも欺き続けて生きてきた。にも関わらず、僕は未だに絶妙なトークによって職場の人々を爆笑の坩堝へと誘い、大好きな食後の甘いコーヒーを味わい、女性の全身を隈無く舐め回している。したがって、かつて僕が両親から授かったこの第三の教えもまた、単なる迷信に基づいた子供騙しの教育に過ぎなかったと言える。しかし・・・。

僕は今朝、仕事で新小岩まで行ってきた。すると、駅から外国人ゲストハウスへの道中で、何とも嫌~な雰囲気の漂う小さなお寺を発見した。「上品寺」である。まぁ、そこで何が祀られていたのかは、皆さんのご想像通りだと思う。昭和47年から本堂(閻魔堂)に安置されている閻魔像の高さは2メートルを越え、その表情の険しさ(恐ろしさ)は竹内力をも凌駕するものだった。一瞬、昔嘘がバレて叱られた時の親父の怒った顔が頭を過った。正直、恐かった。この時僕が、「もう嘘は卒業した方がいいかも・・・」と少し悩んだだけでも、かつて両親から授かったあの第三の教えには意味があったのかもしれない・・・。

幼い頃に親から聞かされた教えという物には、必ず何かしら意味がある。そしてそれは、大人になってから授けられた教訓よりも重要である事が多い。「エッチをする時にはコンドームを付けなさい(付けさせなさい)!」よりも、まず「食事の前には手を洗いなさい!」だ。手に付いたばい菌によって体調を崩す人は、避妊具不使用によってエイズに感染する人よりも多い。結局は、教えを守るも教えに背くも、重要なのは教えを理解する事なのだろう・・・。

「閻魔様、険しい顔してたのかい?嘘はいかんよ~、お兄ちゃん。ここの閻魔様、素直な人には微笑んでくれるんだから!」上品寺を後にする際、寺の掃除をしていたババアは僕にそう言った。「・・・おいおい、江戸の下町で育ったボケ老婆さんよ~。そんな事言ってエエんかい?閻魔様の審判を受けるんは、おそらく俺よりアンタの方が先なんやで?」そう思いながらも、僕は笑顔で「以後気を付けます。閻魔様に笑ってもらえるように!」と深々と頭を下げ、同時にまた一つ嘘を重ねたのだった。

葛飾区の上品寺、皆さんも一度訪れてみては?もしかしたら、冥界の総司(地獄の主神)の貴重な笑顔が見れるかもしれませんよ。

都内生活25日目、ジャッキー・チェンの映画と日本ジャンプ陣のメダル獲得に興奮しながら終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

西暦269年に殉教死したローマの司祭「聖バレンタイン」・・・。生前特にコレといった偉業を成し遂げてはいない聖人だが、彼を記念する2月14日という一日は、自社製品の売上向上を目論む製菓会社(確か明治製菓だったかな?)が発案した「女性が意中の男性にチョコレートを手渡し想いを告げる」という商業戦略によって、極東の島国で暮らす恋する若者たちの中では、約五十年ほど前から強く浸透している・・・。

僕は先週で26歳になった。アイドルとしてのピークはもう過ぎてしまったのかもしれない。毎年この日が来ると4tトラックを二台レンタルしていた学生の頃が懐かしい。だが、僕は今でもこの記念日が大好きだ。proudjapaneseファンの皆さん、チョコレート美味しかったです!!ありがとう!!・・・でも、数日前から「チョコくれ!!チョコくれ!!」と言い回っていた僕は、「癒しの聖人」と言うよりは「卑しい変人」ってトコだろう・・・。

都内生活14日目、甘~い気持ちで大泉クンの迷演技を眺めながら終了。
proudjapanese

本日午後7時過ぎ、仕事を終え部屋に戻った僕は、真っ先に鏡を覗き込んだ。かつてマンハイムのカウフホフ(デパート)で購入した安物の円形鏡には、僕が世界で最も溺愛する男の美顔が映し出されていた。しかし・・・。

白髪、○×本!!
小皺、□◇本!!

・・・増えていた。そう、僕は確実に老けていたのだ。正直、とても悲しい。自らの衰えを思い知らされるのは、本当に悲しい。だが悲しんでばかりもいられない。だから僕は、溢れ出る涙を必死で堪えながら決意した。

「人生なんてアッと言う間だ。僕には、遊んでいる暇しかない!!」・・・そんな馬鹿な事を考えながら、僕はまた年を取って行く。

都内生活7日目、26回目の誕生日と共に終了。
proudjanese

僕は今、都内にある外国人ゲストハウスの一室にいる。と言っても、当然ながら今回も旅行ではない。いけ好かない大東京に足を運んだ理由はただ一つ、労働(出稼ぎ)である。しかし前回の岐阜とは違い、今回は期間が正確には決まっていない。半年以上留まる可能性もあるし、一週間の研修期間でクビになる事も(充分)有り得る。まぁ、異邦人を迎え入れるこの宿泊施設で働く事が、少しでも僕のスペイン安宿(オステル)計画に繋がれば、と考えている。岐阜に続く出稼ぎ生活、アンダルシアへのセカンドステップは、僕が最も忌み嫌う世界有数の大都市でその幕を開けた。しかしまぁ、「嫌よ嫌よも好きのうち(?)」と言う事で、休日には都内を色々と散策して楽しもうと思っている。とりあえず最初は、調布に住む友人Rを誘って、秋葉原のメイド喫茶でも攻めてみよう!!

都内生活初日、居酒屋で四方八方から耳にしたタケシ口調(バカやろ!!コノやろ!!)に苛立ちを覚えながら終了。
proudjapanese

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。