THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝、僕はある女性に花を渡しに行った。早朝だったにも関わらず、その娘の前には既に長蛇の列が形成されていた。先客のほぼ全員が涙を拭う重苦しい雰囲気・・・。その場を覆う鼻を啜る音・・・。しかし、僕は場違いなほど冷静に自分の順番を待った。そしてついに・・・。

真のカリスマは、故人でなくてはならない。命ある全ての人間が、どんなに味わいたくても味わえない唯一の経験が死である以上、それは死人がこの世に遺す最期の生き様として、残された人々の涙腺を緩める。悲しみによって膨らんだ故人へのイメージは、脳内で必要以上に美化され、すぐさま敬愛から崇拝へと心中で変化する。カリスマとは、こうやって生み出される。尾崎豊やHIDEがそうであったように、人は死ぬ事でようやく真のカリスマとなるのだ・・・。

安物の赤い薔薇を一本、僕は静かに壇上に置いた。涙こそ出なかったが、流れ続ける彼女の代表曲は胸の奥底まで響いた。メディアへの露出を極限まで抑えた90年代の歌姫、ミステリアスを売りにしていた女性アーティストの素顔を、僕は今日ようやく間近で見つめる事ができた。非常に残念だ。僕の青春時代を彩った坂井泉水(ZARD)もまた、尾崎豊やHIDEに続き、真のカリスマになってしまった・・・。

その後、来日しているドイツの友人達と共に、僕は日比谷公園を訪れた。久々に野外で騒いだ休日の午後、一週間分のストレスはなんとか発散できたが、ジャーマン・フェストで飲まされた大量のビールのおかげで、気分が優れないまま僕は帰路についた。その途中、東小金井の駅前でゲロを吐いた僕は、何処からかZARDの曲を聞いた気がした。「負けないで~」・・・。カリスマ・坂井泉水のおかげで、僕はちゃんと一人で部屋まで帰る事ができた。

都内生活118日目、死ぬ事で真のカリスマになるどころか、この世を去ってもなお税金を無駄に使う事しかできない腐った現役大臣に怒りを覚えつつ終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

粗末な晩飯をキレイに平らげた後、僕は汚いケツを掻きながら静かにテレビを眺めていた。研ぎ澄まされる推理力、覚醒された第六感、燃え上がる俺の小宇宙(コスモ)!!視線の先で次々と死んで行く被害者達の怨念は、自然と僕に全神経を集中させた。そう、忌わしき殺人犯をとっ捕まえるために・・・。

「土曜ワイド劇場~(西村京太郎スペシャル)みちのく殺意の旅~」を見ていた僕は、必死に頭を悩ませた。気分はコナンか?ホームズか?知恵を絞り、状況を整理し、そして動機を探った。しかし、コレがなかなか難しい。タイムリミットは僅か二時間、犯人はそれまでに必ず捕まってしまう。要求されるのは、迅速かつ確実な脳回転だ。僕は十津川警部(高橋英樹)に負けじと、全身全霊で事件と向き合った。そしてついに、考えがまとまった。天に突き上げた人差し指を、ユックリとテレビに向かって下ろし、僕は自信に満ち溢れた表情で叫んだ。「犯人は田村、お前だぁ~!!」・・・違った。

錦衣玉食とは程遠い質素な独り身男の週末、外国人ゲストハウス「Big-Apple-Mu」の101号室には、二時間ドラマに参加する事くらいしか楽しみがない・・・。ハウス管理を担当する新人マネージャーproudjapanese、今夜も現実逃避中・・・。

都内生活115日目、先日窃盗容疑で逮捕された友人の将来を心配したまま終了。
proudjapanese

今夜九時過ぎ、仕事を終え自室でボ~っとしていた僕を、携帯電話の着信音が我に返らせた。「もしもし、タカ?元気にしてる?」脱ぎ捨てられたジーンズのポケットから手探りで取り出した端末を通じて、僕は久しぶりに母の声を聞いた。「元気やで。マネージャー研修も明日で終わりやし。そっちは?」いつもと変わらない無愛想な息子の返答だったはずだが、母はその一瞬で僕が疲れ果てている事に気付いたのだろう。「今日が何の日か知ってる?タカから荷物が届くの待ってるんだけど、まだ?ヴィトン?エルメス?」と、戯けてみせた。「アホか!何も送ってへんわ!ボケ!もう切るで!」僅か数分の会話、特に大した話はしていない。だが、少し元気が出た。昔から浴びせ続けてきた母親への罵詈雑言、幾度となく聞かされ続けたオカンのギャグ・・・。そこからは、愛する故郷・大阪の香りが感じ取れた。

「オカン、ありがとう」・・・。
僕はproudjapaneseであって、オダギリジョーではない。速水もこみちでもなければ、大泉洋でもない。よって当然、今年も上記のような小っ恥ずかしい台詞が、僕の喉元を通過する事はなかった。しかし・・・。

来年の「母の日」までには、しっかりと感謝の気持ちを伝えられる男に、母を元気付けてあげられるような息子になりたい。ほんの少しだけ、そう思った。

都内生活102日目、送り主不明の荷物が届くと同時に終了。
proudjapanese

最近色々忙しく、急展開の雨霰。自分の意思とは相反し、毎日厳しい脳運動。朝からオフィスの片隅で、資料を片手に暗記術。和製語「黄金週間(ゴールデンウィーク)」も、メッキが剥がれりゃ死囚感。長谷川穂積の防衛と、ジャッキー映画を見た後は、またもやテレビをオフにして、今夜もひたすら一夜漬け。拷問のような一週間、溜りに溜った疲労感。それでも逃げれぬ状況下、弱音を吐かずに上昇や。いつになるかも分からない、次の休みを目標に、まずは体調整えて、明日も地道にまた一歩。

都内生活92日目、約二週間続いた僕の「禁テレビ生活」と、性欲に溺れた元・大阪府知事「横山ノック」の人生と共に終了。
proudjapanese

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。