THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本来、人間とは学習能力が備わった動物である。幾度となく似通った経験を積み重ねる事で、再度訪れる同じ様な状況に対する傾向と対策を自ずと身に着けるものなのだ。しかし・・・。

今日、彼等(彼女等)は皆それぞれの土地へと旅立って行った。日本での研修を終え母国へ・・・。東京での仕事を終え地方へ・・・。新たな夢を掴むべく東小金井を後にする人もいた・・・。外国人ゲストハウスと呼ばれる短期滞在型の宿泊施設でマネージャーとして働く以上、僕はそんな彼等(彼女等)の背中を笑顔で見送らなくてはならない。例えどんな個人的感情が込み上げてきたとしても、それを全面に出す事は許されないのだ。出居者の立会いチェックアウト(見送り)とは、実に残酷な仕事である・・・。

1

↑広島に行っても元気でね。

2

↑日韓裸付き合いは最高でした!

3

↑ウクライナに帰っても僕の事忘れたらアカンよ。

4

↑インタースペインの皆さん、愛しています!

5

↑Sさん、Nさん、夢を掴んでください。

本来、人間とは学習能力が備わった動物である。幾度となく似通った経験を積み重ねる事で、再度訪れる同じ様な状況に対する傾向と対策を自ずと身に着けるものなのだ。しかし、ここ数ヶ月間何度も経験してきた業務ではあるが、出居者の立会いチェックアウト(見送り)だけは未だに学習する事ができない。人との別れは辛いものだ。その人との関係が密接であればあるほど・・・。とても慣れる事なんてできない。

都内生活212日目、写真の下に記した彼等(彼女等)への想いを面と向かって口に出せなかった己の未熟さを悔いながら終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

本日は8月15日、「終戦の日」だった。自分自身の未熟さ故に、全く自らの意見をブログに載せられなかった去年の僕・・・。あれから早くも丸一年が経過し、戦後の世に生を受けた一人の日本男児として、自分がどれほど成長したのかは分からないが、少なからず愛する我が母国の歴史について、自分なりの意見をまとめる事くらいは出来た。今日は、それを書き記したい。

と思っていたのだが、・・・ヤメた。誰もが知っている戦争の残忍さを今更語る必要なんてないし、やはり僕のような青二才が偉そうに世界平和などと訴える事自体おこがましい。そして何より、今日という日(終戦の日)に考えねばならないであろう「平和への想い」は、今から数時間前、あるアーティストの優しくも力強い歌声によって、既に僕達の心に浸透している。彼のおかげで、僕達は今日、一つの確かな輪を築く事に成功した。

ゆず」の「北川悠仁」、彼は僕達の輪の中心にいた。僕が働く外国人ゲストハウス「Big Apple Mu」のラウンジで、彼はギターを抱えて熱唱した。国籍、文化、宗教も違う外国人の住人達が、手拍子をしながら自然と周りを取り囲んで行く。「シュビドゥバー」を歌いながら完成したその人間の輪は、確かにデコボコで協調性のないチッポケな輪だったのかもしれない。しかし、その輪は笑顔で造られていた。そう、僕達の笑顔で、だ。人と人とは必ず分かり合える。本当に楽しい一時を過ごせた。北川悠仁さんやスタッフの皆さん、我らが社長にチーフ、そして何よりも多国籍の友人達に感謝したい。本当にありがとう!!

「ゆず」のデビュー10周年を記念して制作されるベストアルバム、10月頭に発売を予定しているそのCDには、本日ウチのゲストハウスで撮影した特典映像が付録DVDとして付くらしい。はしゃぎ過ぎた僕の姿がどれほどカットされているのかは不明だが、是非みなさんご購入をお願いいたします。

yuzu

↑人類、皆、ブラザー!!

都内生活196日目(第二次禁煙生活18日目)、世界平和とは意外にも身近に転がっているものだという事を感じながら終了。
proudjapanese

20070803020049

↑ゲキレンジャー(レッド)の雄姿!!

納涼踊りの休憩時間、チビッコ達の黄色い歓声に包まれながら、そのヒーローは颯爽と姿を現した。一瞬にして悪者を倒す圧倒的な強さ!如何なるピンチをも打開出来る精神力!!そして、正義を愛する清き心!!!ふと気が付けば、僕は無数の後頭部の隙間から、ただひたすらその正義の味方を目で追っていた。夢中になってレッドを応援している内に、僕はすっかり少年の心を取り戻したかに思えたが、冷静になって周りを良く見渡す事で、やはり自分が年老いたオッサンであると思い知らされた。ゲキレンジャーを見つめるチビッコ達の瞳からは、僕が15年以上も昔に忘れたであろう純粋無垢な輝きが放たれていたのだ。残念だが今の僕には、彼等ほどのピュアな気持ちも、若さゆえのパワーも備わっていない。自分なりに必死で叫んだ「ゲキレンジャ~!!頑張れ~!!」の掛け声も、周りのチビッコ達の強烈な叫び声に掻き消されてしまった・・・。

不安定な経済に、憤りを感じさせる数々の事件・・・。ハッキリしない政治に、ピリッとしない総理・・・。暗い話題ばかりが先行する現在の日本社会だが、きっと何の心配もいらない!!ゲキレンジャー・ショーの後に再開された納涼踊り、輪になって元気に踊る子供達の姿は、僕に我が国の明るい未来を予想させた。東小金井には、まだまだ多くのゲキレンジャー予備軍が住んでいるようだ。

都内生活183日目(第二次禁煙生活5日目)、今週末に開催される「ヒガコサマーフェスティバル」に早くも心を踊らせながら終了。
proudjapanese

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。