THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝9時過ぎ、僕は仕事中にも関わらず、男子トイレの便座を温めていた。そう、呻き声と液状の糞便を洩らしながら・・・。

よくある事だが、僕は今日下痢になった。別に大した出来事ではない。僕にとって下痢は持病みたいなものだからだ。いつも通り正露丸(糖衣)でも飲んで静かに眠りに就けば、あっと言う間に治ると確信していた。しかしやっかいだったのは、青白い顔をした僕がトイレに飛び込む姿を、他の従業員に目撃されてしまった事だった。それによって、僕は人生で初めての経験をするハメに・・・。

田舎の人間は親切だ。他人を気遣い、まるで自分の事のように心配してくれる。ただ・・・、時にその異常なまでの隣人愛が僕を困らせる。今回もそうだった。僕の体調が優れないという事実は瞬く間に職場(旅館)全体に広がり、ものの30分で従業員オールスター(おばちゃん軍団)が僕を取り囲んだ。そして、医者へ行く事を強要し始めたのだ。「大丈夫ですから・・・」と何度言っても聞く耳を持ってはくれなかった。そして・・・。

車の助手席に乗せられ走ること約20分、着いた場所は「栃尾診療所」・・・。病院ではなく、そこは診療所だった。生まれて初めて足を踏み入れた診療所、そこで明らかになった胡散臭い町医者の診断結果は、真に僕の予想通りのものだった。「急性胃粘膜炎症」、やはりただの「下痢」である。だからぁ~、黙って寝させといてくれたら良かったのにぃ~。でもまぁ、診療所で受け取った(買わされた)意味不明な飲み薬よりも、僕を心底心配してくれた職場の皆さんの優しさこそが、ここ奥飛騨の民間療法なのかもしれない。

昨日、友人が書いた(ネット上の)日記を読んだ。それは、トルココーヒーとレモン汁とを混ぜ合わせて飲めば、下痢が治るという内容だった。遠い異国の民間療法を知った翌日、まさか自分が奥飛騨の民間療法を受ける事になるとは・・・。

岐阜生活29日目、肛門が腫れたまま終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

大丈夫ですかい?
毎度のことやね。お大事に~
正露丸、また送ってあげるよ
いつでも言いなさいね

ん~、なんて弟思いな姉なんだろう、自分
2006/08/23(水) 00:19:17 | |姉 #-[ 編集]

大丈夫ですか??
いつの間にかもぉ29日も滞在してるんですね・・・

頑張ってくださいーーー
お腹は大切に・・・
2006/08/23(水) 11:45:05 | |るこ。 #-[ 編集]

トルコの民間療法も是非お試しあれ~。でも、奥飛騨の皆さんはいい人だね。感謝感謝。(ストッパーって薬も効くらしいよ。)
2006/08/24(木) 23:44:36 | |Hiromi #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/122-1642a07f
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。