THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如何なる状況下においても、人は目標(目的)を見誤ってはならない。例えそれが、どんな小さなものであっても・・・。

今日僕が仕事を終えたのは、午後8時半を少し過ぎた頃だった。急いで私服(パジャマ)に着替え、ダッシュで寮に戻ると、真っ先にテレビの電源を入れ、そのチャンネルを日本テレビに合わせた。すると、スピーカーからあの名曲が・・・。9時15分前、ブラウン管の中には一丸となって「サライ」を熱唱する出演者全員の姿があった。その中心にいた一組のお笑いコンビ、アンガールズの汗だらけの顔を見た瞬間、僕は思った。「間に合わなかった・・・」と。そう、僕は彼等がゴールする感動の一瞬を拝む事が出来なかったのだ。この時、本日一つ目の目標を僕は落としてしまった・・・。

とりあえず一人で不本意のまま「サライ」を歌い終えた僕だったが、気を落としている暇などなかった。仕事後の至福の一時には欠かせない「とろ~りクリームonプリン(グリコ)」を購入するという第二の目的があったからだ。奥飛騨のコンビニこと「つるや商店」、その門は午後9時ジャストに閉ざされる。つまり僕には、時間がなかった・・・。

9時3分(くらい)前、僕は走っていた。街灯もない真っ暗な田舎の夜道をたった一人で。しかし、僕の眼球が確実にゴール(つるや商店)を捕らえた頃、口にくわえていたタバコは極限まで短くなっていた。ここは国が指定する自然環境保護地域、とてもポイ捨てなんて出来ない。そこで僕は、近くにあった公共の灰皿にタバコを押し付けるという新たな目的を急遽掲げ、方向転換を決意し・・・た・・・、うわっ!!

(おそらく)9時ジャスト、僕は惨めにもアスファルト上に這いつくばっていた。・・・転んだのだ。コンクリート製の車輪止め、その存在に気付けなかった僕は、見事に転倒してしまった。潤んだ僕の目には、静かにシャッターを下ろす「つるや商店」のオジサンの姿が・・・。(推定)全治2週間の軽傷、全身に負った数ヶ所の擦り傷が、この時の僕にはあまりにも痛く感じた・・・。

如何なる状況下においても、人は目標(目的)を見誤ってはならない。例えそれが、どんな小さなものであっても・・・。寮を飛び出したあの時、タバコに火さえ付けていなければ・・・。ちゃんとプリンが買えたはずなのに・・・。転倒する事もなかったのに・・・。今夜僕は、目先の安らぎを求めたがため、至福の一時を失った。まさに、本末転倒・・・か。

左足を引きずりながら寮に戻る道中、自然と「サライ」を口ずさんだ僕。その姿は昨夜のアンガールズに酷似していたものの、その本質は全く正反対のものだったと言わざるを得ない・・・。

岐阜生活34日目、明日最大の目標を「絆創膏の購入」に定め終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/124-4fcd5143
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。