THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20060930003654

↑温かいセピア色の思い出は、常に彼等と共に・・・。

「幼い日 夕焼けこ焼けを口ずさみ
赤とんぼをおいかけたころを思い出してください
ゲームセンターや塾もなく
ただ 外で暗くなるまで仲間と一緒に
身体を動かして遊んだ少年時代
くたくたになって家に帰ると 待っているのは
母親の優しい笑顔とあたたかいカレーライス
テレビもなく 10円玉を握り締め聞いた
おっちゃんの紙芝居の声が今なお耳に残る
欲しいおもちゃはたくさんあったけど 買って貰えず
いっぱい持っている友だちに遊ばせてもらったあの日
ボロボロになった人形を大切に抱き締め
けっして 誰にも貸さなかったあの子
物のない時代 みんな貧しかったけど
心はとってもとっても豊だったような気がします。 館長」
おもちゃと共に生きた時代、それに対する館長の想いは、静かに入口すぐ右手の壁に貼られていた・・・。

今回、週に一度の休日を利用して僕が訪ねたのは「奥飛騨おもちゃ博物館」だ。その名の通り、一般家屋を改築して造られた館内には、懐かしい玩具の大群が所狭しと並べられていた。その数は、優に一万点を超える。江戸時代の泥面子、明治に作られたブリキ製玩具、昭和生まれのプラスティック製人形・・・。常に子供達と共に成長を続けてきた彼等は、大人になったかつての親友(来館客)を、再び少年時代へと引き戻す・・・。

大人は自らの青春時代を振り返る時、よく「昔は良かった」と口にするが、そんなはずはない。物と平和で溢れる裕福且つ安全な現在の日本が、貧しく不安定だった頃に比べて劣っているとは思えない。嫌な出来事は全て排除し、良い思い出のみによって構成された大人の脳内には、温もりある思い出だけが残る。色褪せたセピア色の世界、それが現在に疲れた大人達の記憶に、「古き良き時代」という幻を植え付けているだけだ。・・・しかし、例え幻であっても、それを振り返り懐かしむ事で、今日からまた厳しい現実に立ち向かう勇気が湧くのなら、敢えて妄想に身を投じてみるのも悪くない。鉄人28号のフィギュアを食い入るように眺めていたオジサンの背中が、僕にそう思わせた・・・。

25歳となった僕は、多分もう大人なのだろう。だが、いつ子供を卒業したのかはよく覚えていない。チンポに毛が生えた時か?堂々とエロ本を買えるようになった頃か?初めてエッチをした日だろうか?やはりその答えはハッキリしないが、おそらく玩具で遊ばなくなった頃から、僕は大人への階段を上り始めたのだろう。日本に一つしかないブリキ製のおもちゃ「鳥籠と猫(籠の鳥)」に視線を送りながら、僕はそんな事を考えていた・・・。

僕の「古き良き時代」、毎日一緒に遊んだ「聖闘士星矢」のフィギュア、今どこにあるんだろう・・・。

岐阜生活67日目、少年時代のproudjapaneseとして終了。
ターくん
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/135-047ca5a8
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。