THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20061010022829

↑一粒の幸運は、人の心に幸せの花を植え付ける。

昼の休憩中、僕は食べていたチョコボール(いちご味)のクチバシに、見慣れない天使の刻印が施されている事に気付いた。「こ、これはっ!!」開いたままの口、高鳴る鼓動、向上するテンション・・・。これぞ噂に聞く「銀のエンゼルのクチバシ」、5枚集める事でオモチャの缶詰「キラ★キョロ缶」と交換できる、正に夢との引換券である。「ラッキー!!」僕はそう思った。しかしまぁ、コイツをあと4枚も集めて実際に夢を掴むには、神がかり的な強運か莫大な資金、或いは途方も無い年月が必要となる。おそらく、それら三つの条件のいずれかをクリアする前に、僕の景品に対する情熱の方が先に薄らいで行くものと予想される。よって、この不完全な引換券が持つ実質的価値はほぼゼロに等しい。だが、この本当に細やかな幸運が、僕に今日という一日を笑顔で過ごさせてくれた事だけは確かだ。全国的に快晴となった今年度の「体育の日」、運動とは掛け離れた何の変哲もない月曜日だったが、森永製菓(株)が仕込んだ商業戦略のおかげで、僕の心にも雲一つ無い青空
が広がった・・・。

岐阜生活77日目、鏡の前で久しぶりに古畑任三郎のモノマネをした直後に終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/137-41e6c78d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。