THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は8月15日、「終戦の日」だった。自分自身の未熟さ故に、全く自らの意見をブログに載せられなかった去年の僕・・・。あれから早くも丸一年が経過し、戦後の世に生を受けた一人の日本男児として、自分がどれほど成長したのかは分からないが、少なからず愛する我が母国の歴史について、自分なりの意見をまとめる事くらいは出来た。今日は、それを書き記したい。

と思っていたのだが、・・・ヤメた。誰もが知っている戦争の残忍さを今更語る必要なんてないし、やはり僕のような青二才が偉そうに世界平和などと訴える事自体おこがましい。そして何より、今日という日(終戦の日)に考えねばならないであろう「平和への想い」は、今から数時間前、あるアーティストの優しくも力強い歌声によって、既に僕達の心に浸透している。彼のおかげで、僕達は今日、一つの確かな輪を築く事に成功した。

ゆず」の「北川悠仁」、彼は僕達の輪の中心にいた。僕が働く外国人ゲストハウス「Big Apple Mu」のラウンジで、彼はギターを抱えて熱唱した。国籍、文化、宗教も違う外国人の住人達が、手拍子をしながら自然と周りを取り囲んで行く。「シュビドゥバー」を歌いながら完成したその人間の輪は、確かにデコボコで協調性のないチッポケな輪だったのかもしれない。しかし、その輪は笑顔で造られていた。そう、僕達の笑顔で、だ。人と人とは必ず分かり合える。本当に楽しい一時を過ごせた。北川悠仁さんやスタッフの皆さん、我らが社長にチーフ、そして何よりも多国籍の友人達に感謝したい。本当にありがとう!!

「ゆず」のデビュー10周年を記念して制作されるベストアルバム、10月頭に発売を予定しているそのCDには、本日ウチのゲストハウスで撮影した特典映像が付録DVDとして付くらしい。はしゃぎ過ぎた僕の姿がどれほどカットされているのかは不明だが、是非みなさんご購入をお願いいたします。

yuzu

↑人類、皆、ブラザー!!

都内生活196日目(第二次禁煙生活18日目)、世界平和とは意外にも身近に転がっているものだという事を感じながら終了。
proudjapanese
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/177-ac00a592
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。