THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日、友人・Rさんが帰国した。彼と出会ったのは一昨年の秋、マンハイムの語学学校でお互い知り合い、その後何度も食事会や様々なイベントを共に楽しみ、旅行も一緒に行くようになった。阪神ファンであることや旅行好きであることなど、お互い共通点が多かったため会う度にマニアックで変態じみた話をしていた。まぁ、嫌な事があった時には、愚痴のこぼし合いも・・・。Rさんは一度日本に帰っていたのだが、ある理由から今年の6月再び欧州にやってきた・・・電車(シベリア鉄道)で・・・。基本的には欧州各国を周遊していた彼だが、何度かマンハイムの僕の家にも訪ねてきてくれた。短期間ではあったが、アルバニアやマケドニア、サラエヴォやコソヴォ自治州にも一緒に行くことができた。スイスのマイエンフェルトにある「ハイジの家」へも二人で行けた。彼と旅をするのは本当に楽しかったのだが・・・、一昨日帰国してしまった。何度経験しても、別れというのは辛いものだ。まぁ、前回と違い、彼が笑顔で帰国してくれたことが唯一の救いではあったが・・・。

更に昨日、彼女のTちゃんが帰国した。千葉に住んでいる彼女がドイツに遊びにきたのは3ヶ月前、音楽大学の受験にきたのだが・・・残念な結果に終わってしまった。彼女との出逢いやその他諸々に関しては、ここで語るわけにはいかない。このブログを読んで、明日僕にひやかしの電話をかけてくる悪友が数多く存在するからだ。まぁ、彼女が日本でしっかり生活してくれることを願っている・・・とだけ書いておこう。

年を重ねる毎に慣れてくるものが多いが、別れというものに慣れる日はこないだろう。しかし、一生会えないわけではない。次に彼等と出会う時、一回り大きく成長した自分でいられるよう、また努力をしていこうと思っている。最後に、僕に最高の時間を与えてくれた二人の日本人に、感謝の言葉を送りたい。「ありがとう!!

proudjapanese
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/3-a9148774
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。