THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月12日月曜日(フランクフルト→シュトゥットガルト→カイロ)
フランクフルトからシュトゥットガルト乗り継ぎでカイロに飛び、午後3時前(エジプト時間)に到着。
安宿「スルタン・ホテル」泊。

12月13日火曜日(カイロ)
モガンマア(カイロのパスポート・オフィス)でエジプトの再入国ビザを申請。
在カイロの日本大使館で、シリア入国のための推薦状を申請。
オールド・カイロ(旧市街)を観光。
イスラーム地区にあるムハンマド・アリ・モスクを見学。
シタデル地区の高台からカイロの町並みを一望。
自分撮り用三脚をシタデルのロッカーに忘れる。
夕方6時前、再びムガンマアを訪ね、今朝申請した再入国ビザ(が貼られたパスポート)を受け取る。安食堂で人生初のクシャリを食す。
安宿「スルタン・ホテル」泊。

12月14日水曜日(カイロ)
朝一で国際学生証を偽造。
在カイロの日本大使館で、昨日申し込んだ推薦状を入手。
在カイロのシリア大使館で観光ビザ発行を断られる。
ムガンマアから6ヶ月の滞在許可申請用紙を持ち帰る。
シタデルから、昨日置き忘れた三脚を取り戻す。
安宿「スルタン・ホテル」泊。

12月15日木曜日(カイロ→ギザ→カイロ)
モガンマアで6ヶ月の滞在ビザを申請、2時間後に取得。
在カイロのシリア大使館で観光ビザを強引に申請。
ギザの三大ピラミッドを見学。
イラク行きを決断したオーストリア人を宿泊客全員で説得する。
安宿「スルタン・ホテル」泊。

12月16日金曜日(カイロ→バフレイヤ・オアシス)
カイロのカフェで、日本で開催されている世界クラブチーム・トーナメント、エジプト対シドニーの試合をテレビ観戦。
夕方、バフレイヤ・オアシスへバスで移動、夜に到着。
「デザート・タイガー」を名乗る砂漠ガイド「アザム」と出会う。
中級ホテル「アルペン・ブリック」泊。

12月17日土曜日(バフレイヤ・オアシス→白砂漠)
昼前、バフレイヤ・オアシスでガイド選びに四苦八苦。
韓国人家族と話し合った後、ワリカンでアザムを雇い、いざ一泊二日の砂漠ツアーへ。
午後4時頃、白砂漠に到着。
月が昇ってくるのを目の当たりにする。
砂漠の夜の寒さを痛感する。
白砂漠の「アザム作テント」泊。

12月18日日曜日(白砂漠→西方砂漠→クリスタル・マウンテン→黒砂漠→バフレイヤ・オアシス→カイロ)
所々で観光しながら、ジープで砂漠を疾走。
夕方にカイロへバスで戻り、夜に到着。
アラブ諸国のフルーツ・ジュース「コクテール」に感動。
安宿「スルタン・ホテル」泊。

12月19日月曜日(カイロ→アスワン)
朝一でエジプト考古学博物館を見学。
トゥットゥアンカムン(ツタンカーメン)黄金のマスクと出会う。
ついにシリアの観光ビザを入手。
ラムセス(国鉄)駅で切符購入に苛立ちを覚える。
イスラーム地区のアズハルを観光。
午後8時、ワゴン・リーの寝台車両でアスワンへ移動。
同室になったフランス人に最大級の怒りを覚える。
車中泊。

12月20日火曜日(アスワン→アブ・シンベル)
朝、アスワンに到着。
ヌベア・ミュージアムを見学。
マルワ・ホテルでツアーをアレンジ、アブ・シンベルからの参加を申し込む。
アブ・シンベルへローカル・バスで移動。
夕方、アブ・シンベルに到着。
アブ・シンベル神殿の「音と光のショー」を観て感動する。
神殿で働くサフィーに夕食をご馳走になる。
エジプトで初めて本当の人の温もりに触れる。
中級ホテル「ツーリスト・ビレッジ」泊。

12月21日水曜日(アブ・シンベル→アスワン)
アブ・シンベル神殿から朝日を眺める。
アブ・シンベル神殿内部を見学。
ツアーと合流し、アスワンに戻る。
アスワン・ハイダムやイシス神殿等を見学。
夜、ゲイの若者に追い回される。
安宿「マルワ・ホテル」泊。

12月22日木曜日(アスワン→ルクソール)
朝、電車でルクソールへ移動。
エジプト人のウザさを痛感する。
ホテルで自転車をレンタルし、西岸を周る。
ラムセス三世葬祭殿、ラムセス二世葬祭殿、セティー一世葬祭殿を観光。
安宿「オアシス」泊。

12月23日金曜日(ルクソール→ダハブ)
ツアーに参加し、西岸の見所を見学。
何度もエジプト人のウザさを再確認する。
マクドナルドで、アラブ諸国限定の「マック・アラビア」を食す。
午後5時、夜行バスでシナイ半島のリゾート地・ダハブに向かう。

12月24日土曜日(ダハブ)
17時間という話しだったが、20時間ほどかかりようやく到着。
生まれて初めて紅海で泳ぐ。
寒さに震える。
クリスマス・イヴを一人寂しく迎える。
25日はシナイ山(聖カトリーナ)が閉鎖されている事を聞かされ絶望する。
安宿「セブン・ヘブン」泊。

12月25日日曜日(ダハブ→シナイ山)
寂しいクリスマスを過ごす。
夜、シナイ山にむけて出発する。

12月26日月曜日(シナイ山→ダハブ)
午前2時頃から登山開始。
あまりの寒さに死を覚悟する。
エジプトで初めて雪を目撃する。
最高のご来光を眺め感動を覚える。
ダハブに戻り爆睡する。
安宿「セブン・ヘブン」泊。

12月27日火曜日(ダハブ→ヌエバア→アカバ)
午前中にバスでヌエバアへ移動、1時間後に到着。
郵便局で葉書を出した後、ヨルダン行きのフェリー乗場へむかう。
スピード・ボートのチケットを購入。
予定より3時間以上も遅れて出港。

proudjapanese
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/54-9edc153a
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。