THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (本編)


   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのブログ更新、先月行った東欧旅行を僕に振り返させる暇すら与えないまま、今月9日ついに世界一の大宴が幕を開けた。サッカー・ワールドカップ、蹴球世界最強国を決定する4年に一度の大イベントである。今回の開催国は皆さんご存知ここドイツ、開幕からまだ三日目だと言うのにどこの町でも24時間大いに盛り上がっている。熱狂的なサポーターの代名詞と言えば「南米人」や「イングランド人」だが、驚いたのは我らが「日の丸サポーター」も負けてはいなかったと言う事だった。普段のマンハイムでは音大に通う生徒や京産大からの交換留学生以外は滅多に見る事の出来ない日本人を、僕は昨日と今日だけで何十人も見かけた。「こんな町に何故・・・?」その答えは実に簡単だった。本日大会4日目、日本代表はオーストラリアを相手に初戦を迎える。その決戦地であるカイザースラウテルンという町が、僕の住むマンハイムから非常に近く、交通の便も良いのだ。ここ数日、僕は「キャンプ地巡り」と題し、いくつかの町を周ってきたのだが、青いユニフォームを身に纏ったジャパン・サポーター達はどこの町にも存在していた。これほどの応援を受けている我らが日本代表、当然明日は最高の試合を見せると同時に、熱い一勝をもぎ取ってくれる事だろう。


ちなみに僕も今日は、先日ボン(日本代表のキャンプ地)でゲットしたサムライ達のサインが刻まれたジャパン・ブルーのユニフォームを着用し、カイザースラウテルンに乗り込む予定だ。また機会があれば詳しく記事にしたいと思っているのだが、日本代表の選手達は意外に快くサインに応じてくれた。特に「俺の(中田)コージ」は笑顔で丁寧に書いてくれた。俊輔も小野も川口もアレックスも宮本も玉田もジーコも、みんな嫌な顔一つせずにサインをくれた。小笠原・・・、お前は一回死ね!!

proudjapanese
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://proudjapanese.blog53.fc2.com/tb.php/95-a0f18c05
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。